ウッドデッキライフをより便利に

ウッドデッキを自宅にお持ちの皆さんの中には、
思ったよりも使い勝手が良くないと感じている人がいるかもしれません。
しかしそれはウッドデッキが悪いというよりも、
ウッドデッキを上手く扱うのに皆さんが慣れていない可能性が高いといえます。
ウッドデッキは気の温もりが優しい娯楽スペースですが、その居住性を高めるのは私たち自身です。
そこで今回は、ウッドデッキで過ごす時間をさらに便利で
快適にしてくれるグッズについて詳しく見ていきましょう。

ウッドデッキが隣のお宅から丸見えで、
プライベートなことをするには気が引けてしまうという人はいませんか?
そんなときには、簡単に設置出来る目隠し用のフェンスをご利用ください。
こちらは基礎石とウッドデッキの側面に対して、簡単に付けられる工夫が施されており、
すでに完成してしまったウッドデッキにプラスする形でフェンスを取り付けられるのが特徴です。

完全な壁というわけではなく、板材の間に隙間がしているので閉塞感を覚える心配も少ないといえます。
ウッドデッキにパーゴラなどの屋根を設置している方であれば問題ありませんが、
屋根を設置するほどの余裕がない場合は厳しい日差しに悩まされることも少なくありません。
そんなときは、ビーチパラソルを活用して人工的に日陰を作り出しましょう。
パラソルを固定するための器具も最近では発売されているので、
そちらと組み合わせると、ウッドデッキで熱中症といった事態を避けることも出来ます。

パラソルだけでなくパーゴラや自宅の壁を活用したシェードを付けるというのも
日差し避けのための手段といえます。
お庭の広さやウッドデッキの形によって適した日よけの方法は変わってくるので、
ケースバイケースで対応していきましょう。
ウッドデッキは日光の恵みを享受するための空間と思われがちですが、実は夜にも活躍するスペースです。

特に夏場は、暑い日中よりも涼しい夜間に外に出て、バーベキューや花火、
天体観測に臨むというのも楽しい時間です。
そんなときに役立つのがフットライトとしても使える小型のランプです。
光量が控えめで、拡散するタイプのライトであれば、
夜空の星々を阻害することなく壮観な景色を楽しめます。
固定式よりも持ち運び可能なタイプのランプの方が利便性は高いので、
夜にウッドデッキを利用しようと考えている方は、手に取ってみましょう。

お子さんがウッドデッキで遊ぶことを想定しているのであれば、
おもちゃを収納する木製の収納箱があると便利です。
自分で作ることも出来ますが、最近では手ごろな価格で購入可能な木製ボックスも増えています。
ウッドデッキの木目とも相談しながら、ご自宅の雰囲気にも合ったグッズでウッドデッキでの生活を便利にしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です