ウッドデッキをベランダに

皆さんの中にあるウッドデッキのイメージといえば、一戸建てのお家のお庭にある姿ではないでしょうか?
確かにこれもウッドデッキの代表的な光景ではありますが、
最近ではマンションなどのベランダをウッドデッキに改装する人が増えているのです。
今回は、ベランダをウッドデッキにするメリットや活用術について詳しく見ていきましょう。

マンションなどのベランダの多くは、コンクリートが敷かれているタイプです。
コンクリートは熱の変化に敏感で、例えば夏の日差しが降り注ぐ気候では
ベランダが蒸し風呂のような熱さになることもしばしばといえます。
この影響でお部屋の気温も上昇するため、夏場の電気代が増額する可能性も否定出来ません。
冬に関しても同様で冷え込んだコンクリートのおかげでお部屋の温度も低く感じられるのです。
ウッドデッキは木材の保温効果で、コンクリートよりも気温を一定に維持する効果を期待出来ます。
快適な環境になるだけではなく、長い目で見れば電気代の節約にもなるのです。

続いてのポイントは、木材の柔らかな材質のおかげでベランダに出る際に
スリッパや靴に履き替えなくても良いというメリットです。
これによってベランダを利用する回数も増えるでしょうし、
木の温もりはお子さんが寝転がっても身体を痛める可能性が低いといえます。
木材の棘やささくれが気になるという人は、
樹脂木という人工の素材を利用したウッドデッキを選択するとこうした心配をする必要はなくなるのです。

ご紹介したようなメリットを持つウッドデッキですが、
ベランダに設置する際には業者に依頼した方が簡単といえます。
コンクリート敷きから木製にするのには専門的な知識や技術が不可欠だからです。
最近ではウッドデッキを販売、設置する業者でも依頼主の要望を細かく聞いてくれるところが増えているので、そういった業者を活用すれば理想のウッドデッキに近づけることでしょう。

樹脂木やハードウッドを素材にしたウッドデッキの方が、お手入れの手間が省けるのでおすすめです。
ウッドデッキにしたベランダでは、様々な娯楽をお楽しみいただけます。
アフタヌーンティーをまったりと飲むのも良いですし、洗濯物を干す空間としてもご利用いただけます。
木の温もりとネイチャーな雰囲気を活かすのであれば、ガーデニングをするというのも一興です。
ベランダでのガーデニングは鉢植え一つからでも始められます。
ウッドデッキの保温性の高さは、植物を育てるうえでも重宝されるのです。
ベランダの空間をウッドデッキに替えて、人生に彩を加えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です